就職を希望する会社に自分をいかにうまく売り込むかが、転職の成否の大きなポイントになります。その際、自分の職歴や条件によっても企業へのアピールの仕方は異なります。

 

 例えば自分が働いてきた業界と同じ職種に転職する場合に大切なことは、自分が即戦力としてすぐに活躍できることを伝えることです。また得意分野や具体的な強みについてもアピールするとよいでしょう。逆に今までと異なるジャンルの業界に転職する場合は、なぜ異なる分野の業界に興味を抱き働きたいと思ったのかその動機をしっかりと伝える必要があります。

 

 また異業種でも、自分の経験やスキルを活かす方法はあります。業界は違っていても、業種が同じならば、多くの点で共通点があれば、即戦力に近い形での評価を得ることもできます。例えば営業職で、その業界について興味を持って研究している人であればかなり期待ができるかも知れません。新しい業界で何に挑戦して、何を得て、何をどのように達成したいのかなど、具体的なビジョンを明確に提示できれば評価を高くすることができるでしょう。

 

 

 また業界も業種もすべて異なる会社に転職を希望する場合には、なぜこの仕事を選んだのかという志望動機をよりしっかりと強力に伝える必要があります。なぜ関心を持ったのか、なぜこの仕事に惹かれたのかを具体的に強くアピールしましょう。新しい仕事にチャレンジするために具体的に研究や努力をしていることがあれば、会社に伝えることでアピールできます。関係のある本を読んでいるなど、ささいな努力でも伝えることでよい評価につながる場合もあります。またどのような場合でも、客観的なセールスポイントの説明だけでなく、新しい会社で意欲的に仕事に取り組みたいという意欲や熱意も同時に相手に伝えることが大切です。

 

 

 

おすすめ情報
40歳から転職を考え始めた方へ
40歳の転職市場の価値を把握して転職活動に取り組もう

 

20代の仕事探しサポートガイド【転職・就職活動応援サイト】
20代の仕事探しに役立つ情報ガイド