社員の構成年齢を調べる

 

 転職をするときに、まずはその会社が自分にとって仕事がしやすいかどうかを見極めることが重要です。給料も大事なポイントではありますが、仕事が継続できるかや、自分の業務が評価されやすいかどうかは、会社に勤め続けるという点では非常に大きなウェイトを置くところです。そんな会社の特徴を見極める方法の一つに、会社の構成年齢比率を見ることがあります。

 

 つまりは、年齢が高い人ばかりが残っている会社で、かつ若手が少ない構成になっているところは、あまり評価がされ難い傾向があると読み取れます。もちろん、新規雇用がなかなか継続的に行えなかったなどの差し迫った事情もある場合も存在しますが、若手とベテラン社員の比率がアンバランスな会社の場合には、若手の離職率が高い傾向があります。

 

 こうした情報は、最近はホームページに掲載されていることが多くなっていますので、転職の参考にした方が良いでしょう。男女の構成比率も記載されている企業もあります。やはり入社後のギャップでの退職を避けたいという思惑もはたらいているようです。

 

若手主体の会社を選ぶ際の注意事項

 

 若さを前面にアピールしている企業もベンチャー系では多いですが、ある程度キャリアプランを立てている方にとっては回避する傾向があります。スキルを会社に入って磨きたいという人であれば、こうした若手主体の平均年齢30歳程度の会社を選ぶというのも良いでしょう。ここでも年齢構成が重要になってきますが、ミドル層の社員がしっかり居るかどうかを調べることが大切です。

 

【おすすめサイトのご紹介】
50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド
50代の仕事探しに役立つ情報ガイド!

 

 つまり組織をまとめる人間がある程度の数居るかどうかが、働きやすさに直結します。力や勢いなどのロジカルシンキングから離れた思考だけに満ちた会社ですとなかなか長続きが難しい傾向がありますので、平均年齢が若い時には、面接の際にミドル層の人数を聞くのは大切です。