転職によるキャリアアップ

 キャリアアップを目指して転職をする場合には、1つの判断基準として「年収アップ」があります。年収アップを左右する大切な要素は、過去の経験と実績です。一般的に仕事の実力差というものは、新卒時には横並びです。しかし、仕事の年数を重ねていくうちに経験や実績が加味され実力差が出てきます。それまでに得た経験や実績をアピールすることによって、転職における年収アップを実現することができるのです。現在も多くの日本企業は、年功型の給与体系を中心にしています。しかし、年功型の企業にいるうちは、年収の大きなアップを望むことができない状況といえるかもしれません。

 

実力が収入に反映される企業

 転職において年収のアップがしやすい職種として、営業職とエンジニアなどの技術職があります。これは仕事の性質上、差が出やすい傾向があるためです。営業やエンジニアを多く採用する企業側も、実力主義の給与体系をとっている場合が多いものです。1つ注意点としてあげられることは、実力主義の給与体系をとっている場合、実力が発揮できない場合に社員としての雇用がどこまで守られるかという点です。例えば外資系企業のように年収アップしやすい環境ではあるが、実力が発揮できない場合は雇用を保障されないという場合もみられます。年収アップなどのキャリアアップを望む場合には、自分の経験や実績をよく精査して、適切な判断をしていくことが大切なのです。