仲のよい同僚には早めに知らせる

 転職するために前職場を去ることは学校での状況にたとえるなら転校してしまうようなものです。仲のよかった友達が何もいわずに転校してしまうと非常に寂しい思いをするのと同様、仲のよかった同僚が突然転職して職場を去ってしまうのは非常に悲しいことです。それで仲のよい同僚には前もって転職すること、もしくは転職を希望していて転職活動を行っていることを早めに知らせることができるでしょう。このような気遣いにより、転職後も元同僚とのよい関係を保つことができます。

 

転職することを誰に告げるべきか

 先にも述べたように、仲のよい同僚とのよい関係を保つためには早めに自分が転職すること、もしくは転職を希望していることを伝えることができます。しかし全ての同僚に同じことをする必要はないでしょう。なぜなら職場の人の中には転職する人をうらやむ傾向にある人がいるかもしれません。また秘密をすぐに広げてしまう人もいるかもしれません。それで仲のよい同僚、仕事の引継ぎの関係で早めに知らせておくべき人、直属の上司意外には気軽に転職することを告げないほうがよいかもしれません。あらゆるケースを想定し、退職するその日まで注意を怠ることがないようにします。