始めに

 あなたは転職がしたいですか?転職というと不安定じゃないか、とか転職を考えている人は少数なんじゃないか、と思っている方が多いと思います。しかし、現在転職を考えている人は多いです。とあるアンケートでは実に8割の方が1度は転職を考えたことがあるのです。

 

転職を決めかねている時は

 突然ですが、あなたが働く目的は何ですか?お金ですか?社会的体裁のため何となくですか?確かにそれらは大切なことです。でも、あなたの心はそれを受け入れることができていますか?今の生活が大事で、それを保つために働くことを納得しているなら良いでしょう。でも、もしも今の生活は大事だけれど、それに対して払っているものが大きすぎると思うのであれば転職を考えるべきです。

 

実際に何をすれば良いのか

 では、実際に転職する際のコツを見ていきましょう。転職先の業界固有スキルをあなたが身につけているならば、その転職は大変有利になることでしょう。しかし、実際そのようなスキルを持っている人は稀です。では、固有スキルを持っていない人にとって、何が重要かというと、コミュニケーション力や交渉力、段取りをうまく運ぶ力、などの職場が変わっても通用する能力です。企業にとって、あなたを採用した際のメリットを高めていくことが重要です。

 

イメージとのズレを無くす為に

 転職する際には、色んな人に話を訊きましょう。色んな人といっても同僚や上司ではなく、転職を希望する先の業界の方や人材紹介会社の担当の方、転職コンサルタントの方などです。あなたは、今の状況を変える為に転職を考えている筈です。その転職が希望とずれていたら元も子もありません。そのずれをなくす為に色んな人に話を訊いて、転職を希望する先の実態を良く知ってください。地道なリサーチがあなたの望む転職を可能にする助けになるはずです。